家族の介護を一人に押し付けることにならないように、家族全員で協力していくことが大事です。

MENU

介護について考える

 

介護の必要性というのはある日突然やってきます。例え自分の家族が現在は元気でいても、いつ介護が必要になるかわかりません。
また、自分がいつまでも元気にいられるとも限りません。

 

家族に介護が必要になったらどうするか

高齢者の介護施設への入居は、高齢者社会の現代では簡単なことではありません。
また、企業の経営している介護施設は、入居にも月の支払いも安いものではありません。
施設に入居できない場合、家族の誰かが一緒に暮らして介護をする必要が出てきます。

 

誰が主な介護者になるか、他の家族のサポートはどうするか、また介護が必要になった場合、どういった手続きをしなくてはいけないのか。などを前もって家族で話し合いをして共通の認識を確認しておいたほうがいいでしょう。

 

一人に押し付けるようなことにならないように、家族全体で協力していくことが大事です。

 

介護が必要になったら

家族に介護が必要になったらどうすればいいかご存知ですか?病院に行けば介護サービスを受けられるものではないのです。

 

介護サービスを受けるには、まず要介護認定を受ける必要があります。要介護認定の手続きは市町村の窓口で行えます。
要介護認定はケアマネージャーの訪問とかかりつけの医師の意見書で行います。
要介護認定で決まった介護度により受けられる介護サービスも変わってきます。

 

介護サービスの種類

介護サービスも様々な種類があるのもご存知ですか?
自宅で受ける訪問介護訪問看護訪問入浴デイサービスという通所型の介護施設もあります。またショートステイという短期型の入居施設もあります。

 

介護度にもよりますが、どういう状態でどういう介護を受けるべきなのかを家族で確認しておきましょう。
また、自宅のリフォームなども考えておくとよいでしょう。