体を作る源は食事であり、食事内容や食べ方によって健康でいられるかどうかが変わってきます。

MENU

自分が健康で居続けるために

 

いつまでも健康な体でいるために気をつけていることはありますか?
日々の小さな積み重ねが健康な体を作っていきます。
今健康でも、それがずっと続くとは限りません。ずっと健康でいるためにも小さなことから心がけていきましょう。

 

きちんとした食事を摂る

体を作る大きな源は食事です。食事内容や食べ方によって健康でいられるかどうかが変わってきます。
1日3食きちんと食事とること、できるだけ多くの食品を摂ること、暴飲暴食はしないこと、食べ物をきちんと咀嚼すること、就寝前の食事を控えること、などを普段から心がけましょう。

 

生活リズムを整える

生活リズムが整っていないと、脳の活動が衰え、疲労も溜まる一方です。
仕事や勉強もうまくいかず、つまらないミスを繰り返すことにもなりかねません。

 

また、不規則な生活が長期間続くと、体調不良や脳の機能が低下する恐れがあります。
きちんとした生活リズムを身につけるように心がけましょう。
1日7時間程度の睡眠時間をきちんととること、食事をきちんと決まった時間に3回とること、など自分の一日の時間の過ごし方を決めてみましょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスを発散せずに溜めていってしまうと、うつ病などのメンタルな病気になるだけでなく、体調にも異変を起こしていきます。
自分にとってのストレス発散方法を見つけましょう。ストレス発散方法の見つからない人少しでも興味のあることをはじめてみるといいかもしれません。

 

運動する

ウォーキングなど軽い有酸素運動を定期的に行うことで、健康な体を維持することができます。
また、ストレス発散にもなるので、毎日少しづつ軽い運動を行うようにしましょう。

 

人間ドックを受ける

定期的に自分の体の状況を確認するために年に1~2回人間ドックを受けることをおすすめします。
何かしらの病変が見つかったとしても、早期に治療するなどの対処ができます。