友人に依存し過ぎず程よい距離感を保てば長く良好な関係を築けるでしょう

MENU

友人との付き合い方

人生にとって友人は大切な存在です。

 

趣味を共有できる友人、気を置かなくて良い友人、悩みを相談できる友人
そんな友人が居るだけで人生の豊かさは2倍も3倍も変わってきます。

 

気兼ねなく話ができる友人は宝物だと考えましょう。
長い人生の中で友人と過ごす時間はとても良いメリハリになります。

 

時にはケンカをしてしまうかもしれませんが、必ず歩み寄り謝罪して仲直りしましょう。
友人を失うのは人生の損失です。
それだけあなたの時間を豊かにしてくれる存在なのです。

 

 

友人との付き合いに決まったコツはありません。

相手が友人ならば、あなたは相手がどんな人か知っているはずです。
相手を知っているなら嫌がることも分かるでしょう。
嫌がる言動をしない、人として当然のことを守るだけで良いです。

 

付き合いが長い友人が居るなら、たまにサプライズでプレゼントを上げるのも良いでしょう。
より固い友情で結ばれ、生涯の友になってくれるはずです。

 

また、何もかもを理解してもらおうと言う気持ちは持たない方が良いです。
いかに友人と言えど、何もかも理解してくれるような人は居ないです。
少し価値観が違ったとしても、それが友人の良さだと思うようにしましょう。

 

 

特に大人になってからはお互いが自立した存在です。

依存するような関係では疲れてしまう可能性があります。
お互いに程よい距離を保って、楽しさを共有できる関係がベストでしょう。

 

他にも、親しき中にも礼儀あり、という言葉を意識しましょう。
どんなに親しい友人でも、一般常識からかけ離れた言動をすれば愛想を尽かされてしまいます。
仲が良いとつい忘れがちになってしまいますが、相手との心の距離を見誤らないようにしましょう。

 

大切な友人と末永く付き合っていくためにも、お互いの距離感を意識してみると良いです。
ほんの些細な出来事も、友人が居れば楽しい笑い話になるものです。
時には不運な失敗も笑い話にして吹き飛ばせます。

 

友人が多ければ、それだけ豊かな人生になると言えるでしょう。