断と捨を実行することができれば、おのずと物の執着はなくなります。

MENU

断捨離をする意味とは

 

「断捨離」という言葉を良く耳にすることがあるかと思いますが、その正しい意味をご存知ですか?
「断捨離」とは、「必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れる」という整理方法です。

 

これはヨガの考えである「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」を応用したものです。断捨離を行う事で必要なものだけを身の回りに置いた、シンプルな生活を送ることができるのです。

 

2010年からTVなどで紹介され、数々の断捨離本も発売されています。
「断捨離」という言葉は「クラターコンサルタント」の「やましたひでこ」さんが最初に提唱し、商標登録もされています。
やましたひでこさんは現在もセミナーや講演会など全国と飛び回ってお仕事されています。

 

「断捨離」の進め方

「断」

まず始めに行うのは新しく入ってくるものを「断つ」ことです。
新しいものを購入する際や、新しいものを貰うときに、それは本当に自分にとって必要なものなのか見極められるようにならなければなりません。

 

何でもかんでも「後々使うかもしれない」などと思って買っていては、物が増えていくだけですし、例えば商品についている「おまけ」などもなんとなくお得な気がしてもらうものの、使わずに溜まっていってしまったりしていませんか?
どんな小さなものでも、今自分に必要でなければ「新しいものを手に入れない」ようにすることが大事です。

 

「捨」

「断捨離」と言うのは「物を片付けること」ではなく「物を捨てること」です。
必要なものだけを残し、後は手放しましょう。「後で使うかもしれない」「もったいない」などの理由で捨てられない方がたくさんいるかと思います。しかし、一番最後にそれを使ったのはいつなのか考えてみましょう。
それは本当に「必要な」ものですか?

 

「離」

物の執着から離れることです。「断」と「捨」を実行することができれば、おのずと物の執着はなくなります。